学校長あいさつ


平成31年4月1日

町田高校グラウンドデザイン・先進的ICT教育の推進で生徒の能力を引き出し高き志の育成

〜これからの社会を逞しく生きる将来のリーダーとしての人間力の向上〜

都立町田高等学校 統括校長 高野 宏

学校長顔写真  町高ホームページへようこそ。平成31年度が始まりました。昨年度は、難関大学への希望進路の実現に向けて、生徒・教職員が一丸となって取り組んだ年でありました。また、多くの関係者の皆様に本校の教育活動にご支援をいただきましたことに深く感謝申し上げます。
 今年度もこれまでの教育活動の充実を図るとともに、新たな大学入試制度や新学習指導要領に対応した教育活動の実践を行ってまいります。進化・発展する町高を今後ともよろしくお願いいたします。
 このホームページでは、本校の特色ある教育活動などについて紹介するとともに、「町田高校グランドデザイン」における取組や「先進的ICT教育の推進」など新たな取組について紹介しております。
  また、これまでの特色ある教育活動についても多数掲載しています。関心があるところを是非クリックして町高生の学校生活や教育活動の様子をご覧ください。
 最初に、「町田高校グランドデザイン」について紹介をします。ここをクリックすると「町田高校グランドデザイン」が表示されます。この「町田高校グランドデザイン」は、本校の特色ある教育活動の一部を分かりやすくデザイン化したものです。本校は、このグランドデザインに基づいて生徒の能力を引き出し、高き志の育成に向けて努めてまいります。
 このグランドデザインで目指すものは、
 @ 伝統を継承し、高みを目指す次代を切り拓く町高生の育成 
 A 大学生・社会人となっても伸びる人づくり、社会のリーダーとして活躍・貢献できる人づくり
 B 生徒の能力を引き出し、難関国立大学・国公立大学・難関私大学等への進路実現をより確かなものへ
であります。これらの取組を通して、「これからの社会を逞しく生きる将来のリーダーとしての人間力の向上」を目指してまいります。
 その取組の方向性としては次の内容になります。
■方向性1 「自主自律」・「文武両道」・「伝統と創造」の追求と実践
 ○ 自ら進んで積極的に取組む実践力、リーダー性、自律心や倫理観を育成
 ○ 自ら学び学習習慣を定着させ、部活動・学校行事等に積極的に取組む自律心を育成
 ○ 伝統の継承と発展、創造性を追求
■方向性2 基礎力、思考力、実践力などの世界に通用する21世紀型能力の育成
 ○ 知識・技能を習得させ、思考力・判断力・表現力等の能力を育成し、学びに向かう力・主体性・意欲などを涵養
 ○ 教養を深め、学問の魅力の追求と探究心を育成
■方向性3 町高進路指導システムの発展・成長へ向けた確立とチーム力による確かな進路 指導の実践
 ○ キャリア形成と自らの進路の開拓
 ○ 分析・評価を重視した計画的な進路指導(PDCAサイクルの実践)
 ○ 進路指導部と学年との強固な連携
 ○ 難関国立大学・国公立大学・難関私立大学等の倍増

   ◇ここをクリックください。)「町田高校グランドデザイン」が表示されます。


 次に、「先進的ICT教育の推進」についてです。高度情報化社会の到来により、多くの家庭ではスマートフォンなどの携帯情報端末、タブレットなどのコンピュータを活用するようになりました。特に、IoT社会(人と物、物と物が情報でつながる社会)の急速な進展により、これまでの経済活動や社会活動などが大きく変化し、私たちの生活環境も大きく変化してきています。欧米などの世界の先進国に目を向ければ、日本以上にIoT社会が進展し、膨大な情報を経済活動に活かそうと世界中が競争の時代に入って来ています。こうした時代の到来により、学校の教育活動に積極的にコンピュータを活用し、時代に対応できる教育活動の推進が求められています。学校教育活動に一人一台のノート型パソコンやタブレットパソコンの活用などがその一例です。こうしたタブレットなどを教材の一部として教育活動に導入し、世界中の情報資源へのアクセス、世界の人々との交流、オンライン学習、授業の改善、効率的な学習活動などに活用する取組が始まっています。日本もこの対応に遅れまいと取組を始めたところです。
 本校は、こうした社会的な背景や世界の動向を踏まえて、積極的にICTを活用した教育活動の推進に取り組んでまいります。そのため、今年度から学年進行で全学年にタブレットを導入し、生徒の能力を引き出し、生徒の能力を高め、学力向上を図り、ICTを積極的に使いこなす人材育成に取り組んでまいります。
 自学自習や授業などでの学習活動、補習・講習、プログラミング学習、オンライン講座、進路指導、個人面談、学校行事、校外学習、委員会活動、ホームルーム活動、宿題の提出、生徒による発表会、グループ間協議、学校通信、アンケート調査などへの活用になります。
 本校は既に十数年、ICTを活用した教育を推進してきました。この教育実践をベースにしながら、さらに学習活動などに積極的にICTを使い、生徒の能力を引き出す学校へと成長させてまいります。

1 2 3